日本と香港と、時々、ワタシ

 未だに9月末なんですが、2012年は私にとって濃厚すぎた一年です。

 地元香港では色々な問題で、特に国民教育の内容や、香港東北部の都市計画に対して、政府に反対の声を送らなければならないのです。

 そして、尖閣諸島問題…

 正直と言って、私には島の事より、地元香港のC国K産党の侵入のほうが肝心な問題だと思っております。
香港人には外交権ありませんし、香港市民として私はどう思っても、香港政府の意向に影響できないし、結局K産党の一存で全てを決めることになります。
むしろK産党のほうが、香港を中国大陸化がずっと迫ってきますから、止めようだけでも精一杯です。

 島の問題、国際司法裁判所など、平和な手段で解決できたらいいですが。

 香港人として私は中立にしたいのです。

日本寄りだったら「お前中国人だろう?売国奴かよ」と言われ、

中国寄りだったら「暴力を認めるかよ」と言われそうで。

 他人はどう言っても、中国大陸の「愛国」暴動、その破壊行為も、普段の反日愛国教育で平民を煽る「黒幕」も、容認するつもりはありません。むしろ責めるべきだと思います。

 ほら、香港はK産党寄りの国民教育があったら、その末路は暴動という名の嵐なんですよ。

 それにこの数日に地元香港では色々な噂と情報があって、女の子が地下鉄に携帯で漫画を読んだら、中国大陸旅客と思われる人物が「売国賊め」と罵り、女の子の携帯を奪おうしました。女の子が軽傷でした。

 もし事故や事件が起こそうな場所は「危険」でしたら、自分の家含めて、世界のどこでも危険だと思っております。

 母校・香港中文大学社会学系の入学案内には「自分の家は一番安全というのは常識ですが、実際には一番事故が起こる場所で、深夜の街より『危険』とは言えます。」と書きました。

 一番肝心なのは、地元香港には中国大陸と違って、法律も、警察も、あります。そういう暴力行為は愛国ではなく、違法行為だと認識するような香港は、守っていきたいと思います。

 たとえ、私の世代と今の若者が「本当の意味の『最後の香港人』」でも。

 暴動の中、日本料理の店や自動車工場が破壊され、秋田犬は上海で殺されたようです。

 中国トヨタの現地スタッフの一人は「私はこの会社を愛する故に、悲しい気持ちですべてを記録した」と写真を撮り、

 犬の飼い主は「うちの愛犬は日本へも行ったことないし、食べるのも中国産のドッグフードなのに…どうして殺してしまったの?」と叫ぶ。

 犬をなぜ殺せるのでしょうか。「生命(いのち)」という中国語の言葉、すでに忘れてしまいましたか。

 K産党は罪深いですね。独裁で文化大革命や愛国教育で、他人の命はどうでもいいになってしまいました。

 秋田犬の件、結局地元香港の新聞紙で報道されました。

 日本では報道されていないことを、とある番組で「香港の新聞紙は『秋田犬が殺されたこと』が報道された。」ことを言及しました。
そのことを聞いて、とあるコメンテーターらしき人物が「そもそも香港人は犬を食う」と言いましたら、私は不快な気持ちになり、泣いてしまいました。

(※地元香港は1954年に犬肉禁止の法律が施行され、21世紀現在犬肉の進食活動は基本的にゼロと言えます。香港へ行っても犬肉の進食活動は探せないのでしょう。)

 偏向報道というか、日本と香港(中国)の「誤解の溝」を痛感しだ一言でした。

 それでも私は、日本は嫌いになれないのです。

 ただの市民で自分の意見を言っても何も変わらないとは思いますが、せめて、「私」単位で自分の東北・鉄道趣味を貫徹したいのです。

 最初の絵のお仕事も、最初の作品展のきっかけを作ってくださったのも、東北の方々なんですから。
今になって未熟な自分の出来に申し訳ないとは思いますが、その気持ちを大事にして、裏切らなくてほしいのです。

 日本で頂いたお仕事の報酬は、旅でも切符を買うことでも、なるべく東北で使おう、という考えで活動しておりますが、次の仕事が来るまで、回復しながら進んでいきたいと思います。

日中関係などに関する話を、このブログで語るのは最初で最後にしておきたいのです。

一日早く、解決できますように祈っております。

「日本と香港と、時々、ワタシ」への3件のフィードバック

  1. 残念ながら現地に行ったことが無い人には、香港、中国、台湾がそれぞれ違う事を知らないのが実情です。更に中国も地域によって違うことなんて、なお知らないでしょう。
    モノを知らないのは悲しい事だし、滑稽でもあります。「ニホンコン」に出てきた空港で毒づいた大陸人は、日本からの多くの様々な援助が自国の経済発展の礎になっていることを知らないのでしょう。また周恩来氏が命を賭けて、そして怨みを抑えてまで日本と国交正常化した訳を。日本もその事を忘れつつありますが。
    インターネットで様々な情報が得られるようになりましたが、それぞれの国でそれだけで満足してしまう人が若い世代で増えつつあるのが心配です。

  2. レスありがとうございます。書き込みを読んで色々考えていました。

    正直と言って香港から中国までも、歴史を重要視する土地柄ではありませんから、
    求知心、自発的な勉強は大事ですね…と思いずつ私も精進しなければならないのです。

    現実変われるわけはありませんが、まずは自分からなんとかしたいところです。

  3. 角館 秋月 さま

    大変ご無沙汰しております。
    9月に東京から福島に異動になってから、ネット環境が安定しておらず、やっと今日、お邪魔させていただくことが出来ました。

    さて、昨今の領土問題の件ですが、私の私観としては『国外に敵を作ることで国内の不満の目を逸らし政権の安定を図る』ことが目的のように思えてなりません。
    実際、太平洋の対岸にあります某国では、選挙の絡む年になぜか対外戦争が起きるという不思議な現象が見受けられるように感じます。
    ……誠に残念なことでありますが……

    私自身の考え方になってしまいますが、私は香港も中国も韓国も、そこに住む人は嫌いにはなれません。むしろ、好感をもって接したいとすら思います。
    ただ、これが国という疑似生物になると話が変わってきてしまうのが現実です。
    勿論、大事な隣人ですから、平和的に友好的にお付き合いしたいのは当然ですが、残念ながらそれを許してくれるような現状には程遠くなってしまっているという現実に悲しさを覚えております。
    私は日本人ではありますが、日本が全て正しいとは言いません。勿論、中国や韓国が全て正しいとも言いません。どちらにも非はあると思うのです。その非を認めようとせず、ただ自国の安定化のために他国を利用するということは、善隣友好とは相容れないものであるとしか思えません。
    願わくば、草の根から政治を、国際関係を動かすような心ある方たちがもっとたくさん増えていただきたい……
    そう思わずにはいられません。
    人同士の関係は国家関係をも動かすことができる……理想主義かもしれませんが、そう信じていきたいと思います。
    その思いで今後とも応援させていただきたく存じます。
    冬コミはまた仕事の都合でお邪魔することはできないかと思いますが、福島の地から成功を祈念致しております。

    乱筆乱文にて失礼いたしました。

    春日野 馨 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>