日本と香港と、時々、ワタシ

 未だに9月末なんですが、2012年は私にとって濃厚すぎた一年です。

 地元香港では色々な問題で、特に国民教育の内容や、香港東北部の都市計画に対して、政府に反対の声を送らなければならないのです。

 そして、尖閣諸島問題…

 正直と言って、私には島の事より、地元香港のC国K産党の侵入のほうが肝心な問題だと思っております。
香港人には外交権ありませんし、香港市民として私はどう思っても、香港政府の意向に影響できないし、結局K産党の一存で全てを決めることになります。
むしろK産党のほうが、香港を中国大陸化がずっと迫ってきますから、止めようだけでも精一杯です。

 島の問題、国際司法裁判所など、平和な手段で解決できたらいいですが。

 香港人として私は中立にしたいのです。

日本寄りだったら「お前中国人だろう?売国奴かよ」と言われ、

中国寄りだったら「暴力を認めるかよ」と言われそうで。

 他人はどう言っても、中国大陸の「愛国」暴動、その破壊行為も、普段の反日愛国教育で平民を煽る「黒幕」も、容認するつもりはありません。むしろ責めるべきだと思います。

 ほら、香港はK産党寄りの国民教育があったら、その末路は暴動という名の嵐なんですよ。

 それにこの数日に地元香港では色々な噂と情報があって、女の子が地下鉄に携帯で漫画を読んだら、中国大陸旅客と思われる人物が「売国賊め」と罵り、女の子の携帯を奪おうしました。女の子が軽傷でした。

 もし事故や事件が起こそうな場所は「危険」でしたら、自分の家含めて、世界のどこでも危険だと思っております。

 母校・香港中文大学社会学系の入学案内には「自分の家は一番安全というのは常識ですが、実際には一番事故が起こる場所で、深夜の街より『危険』とは言えます。」と書きました。

 一番肝心なのは、地元香港には中国大陸と違って、法律も、警察も、あります。そういう暴力行為は愛国ではなく、違法行為だと認識するような香港は、守っていきたいと思います。

 たとえ、私の世代と今の若者が「本当の意味の『最後の香港人』」でも。

 暴動の中、日本料理の店や自動車工場が破壊され、秋田犬は上海で殺されたようです。

 中国トヨタの現地スタッフの一人は「私はこの会社を愛する故に、悲しい気持ちですべてを記録した」と写真を撮り、

 犬の飼い主は「うちの愛犬は日本へも行ったことないし、食べるのも中国産のドッグフードなのに…どうして殺してしまったの?」と叫ぶ。

 犬をなぜ殺せるのでしょうか。「生命(いのち)」という中国語の言葉、すでに忘れてしまいましたか。

 K産党は罪深いですね。独裁で文化大革命や愛国教育で、他人の命はどうでもいいになってしまいました。

 秋田犬の件、結局地元香港の新聞紙で報道されました。

 日本では報道されていないことを、とある番組で「香港の新聞紙は『秋田犬が殺されたこと』が報道された。」ことを言及しました。
そのことを聞いて、とあるコメンテーターらしき人物が「そもそも香港人は犬を食う」と言いましたら、私は不快な気持ちになり、泣いてしまいました。

(※地元香港は1954年に犬肉禁止の法律が施行され、21世紀現在犬肉の進食活動は基本的にゼロと言えます。香港へ行っても犬肉の進食活動は探せないのでしょう。)

 偏向報道というか、日本と香港(中国)の「誤解の溝」を痛感しだ一言でした。

 それでも私は、日本は嫌いになれないのです。

 ただの市民で自分の意見を言っても何も変わらないとは思いますが、せめて、「私」単位で自分の東北・鉄道趣味を貫徹したいのです。

 最初の絵のお仕事も、最初の作品展のきっかけを作ってくださったのも、東北の方々なんですから。
今になって未熟な自分の出来に申し訳ないとは思いますが、その気持ちを大事にして、裏切らなくてほしいのです。

 日本で頂いたお仕事の報酬は、旅でも切符を買うことでも、なるべく東北で使おう、という考えで活動しておりますが、次の仕事が来るまで、回復しながら進んでいきたいと思います。

日中関係などに関する話を、このブログで語るのは最初で最後にしておきたいのです。

一日早く、解決できますように祈っております。

one small step for Tazawako Line


【クリックで画像を拡大して表示します】

久しぶりに701系5000番台を描きました。服のほうがVer1.1で送り致します。

701系の最初のイメージは「LOVE特急こまち」の動画の、雪煙をくらったシーン(元凶:こまち)だったんですが、現地へ行きまして701系の車窓の広さに感心し、好きになりました。冬場はきついらしいですが…

one small step for Tazawako Line by 角館秋月@七周年進行中 on pixiv

大きな画像はPixivでどうぞ…
と言っても、ブログの画像は色合い再調整ver.で、銀色(灰色)を少し強調にしました。

ちなみに7年前最初の描いた701系5000番台( http://twitpic.com/au2bp0 )は… あらためて見たら恥ずかしいです。ごめんなさい。

国民教育?答えはNOだス!

中国共産党は「進歩的で無私と団結の執政集団」だ

中国国旗を見て国歌を聞いて、感動の涙が出ないといけない

宇宙飛行士楊利偉氏は月面着陸した…

全部、国民教育という中国式虚飾だと信じております。

そんなデタラメを、香港の小学生に教えようなのは、香港政府の政策なんです。

香港の子供が「中国共産党万歳!素敵!最高!」という嘘つかないといけない社会にならないように、微力ですけえれども、

「ダメ、ゼッタイ」だけでも叫びたいのです。

続・さようなら8902号車

8902号車は2006年5月から阿仁合駅の車庫に置かれました。あ!といきなり思い出しまして、自分も写真を撮ったことあるんだス。



私たちにとって2回目の急行もりよしの旅、今回は白いオーソドックスカラーな急行もりよしに乗りました。



結局、営業運転に復帰されないまま、廃車されました…
本当にお疲れ様でした。

(2008年10月15日撮影 @阿仁合駅停車中と発車した急行もりよし車内から)

書店委託について

昨年5月に発行した、当サークルの同人誌『東北想春譜』の書店委託は終了致しました。『東北想春譜』の委託を大変お世話になった、COMIC ZIN様、メロンブックス様ありがとうございました。お買い上げくださった皆様ありがとうございました。

今後桜月亭の同人誌はCOMIC ZIN様専売という形で委託する方針です。これからもよろしくお願い致します。

形式鉄娘・申込編

11月に行う鉄道系オンリーイベント・形式鉄娘を申し込みました。

今回のサークルカットはお姉ちゃんの妄想を描きました。

こまちさん:「うふふふ…箱ラッピングのリボンの結び方が間違って自分を縛ってしまったこまちゃんだス!」

こまちゃん:「私、ドジっこではありませんよ!」\(>o<)

こまちゅ:「めっ!」

こまちさん:「うふふふ…はやてさんはこのこまちゃんを見てどう思うの?楽しむわ。あら、どちらのはやてさん(E5 or E2の意味)なんて言ってないのだべさ。」

こまちゅ:「めっ!」

少し挑戦的な一枚だったと思います。

大きな画像はTwitPicにアップロードしました。